大学進学について思うこと~その2

さて、私の受験を振り返ってお話しましょう。
私は高校時代、大阪府立の進学校に通っていました。
現役時代、私大には合格したものの、
自分の希望する国立大学には受かりませんでした。
もし、実家がお金持ちなら、現役で「関関同立」と言われる関西4私大に、
無試験(指定校推薦)で入れる成績(評定平均)をとっていたのですが、
これらの大学に4年間も通えるお金が実家にはなかったため、
一浪して国立大学に進学することに決めたのです。

当時、予備校に1年通うと約80万円。
国立大学の学費が入学金20万円、学費が年間約40万円、
予備校代を入れても260万円くらいで済むわけです。
しかし、現役で私大に通えば、はっきりとは覚えていませんが、
おそらく4年間で400万円程度は必要だったように記憶しています。
それに、私大は国立大学と違って、毎年授業料が値上げされるうえに、
寄付金まで要求してきますしね(汗)。
つまり、一浪しても国立大学に通う方がよっぽど安い…
という結論に至ったわけです。(親が…ではなく、私自身が…です)
そして、1年間、浪人生活を送りました。

実は、私は中学生の頃から、早く実家から出て行きたいという思いが猛烈に強く、
大学進学と同時に実家を出て行こうと決心をしていました。
しかし、母は私に対する依存心が強く、
きっと賛成してもらえないだろうことは容易に想像できたので、
予備校に通いながら親に内緒で3ヶ月間だけアルバイト(時給600円)をし、
大学の受験費用と宿泊費、交通費として12万円を貯金していました。
もちろん、その後はしっかり受験勉強をしましたよ。

受験校を選ぶ際、母親に「実家を離れたい」と告げました。
予想どおり猛烈な反発にあい、「一切仕送りはしない!」と言われましたが、
その程度のことは、私にとって想定内でした。
私が親に内緒でアルバイトをしてまで受験関連費を貯めていたことで、
私がどれほど強い覚悟をしているのかを母は理解し、
私が「仕送りはいらないよ」と了承したため、母は仕方なく折れてくれました。
そして、受験。
どうやっても実家から通えない国立大学を受験し、
無事、関東と四国の国立大学2校に合格しました。
センター試験は予想以上に良い点数だったのですが、これ以上浪人はできないため、
2次試験が0点でも合格できる大学を受験したので、合格は当然でした(笑)。
偏差値だけで見れば、四国の大学のほうが高かったのですが、
自分で生活費を稼ぎながら生きて行くことを考えると、
四国のように夜8時に暗くなってしまう街ではなく、
午前0時を回っても明るい関東の街の方がお金(生活費)が稼げる!
という単純な理由で、関東の大学を選びました。(笑)

そして、1限目が8時45分から始まる大学生活が開始。
私は、平日は毎日夕方5~11時まで6時間、焼き鳥店、割烹料理屋、寿司屋など、
「時給1000円上、賄い付き、交通費支給」を絶対条件として様々なアルバイトをしながら、
また週末や長期休暇中は、キャンギャル(サンプリングやアンケート調査等)などの
日給1万円以上の仕事を出来る限り入れて、猛烈に働きながら大学に通いました。
通常の毎月の収入は14万円くらいだったと思います。
当時は、「とにかく賄いさえ食べていれば、
どんなに貧乏しても死ぬことはない!」という単純な考えで生きてました。(笑) 
このアルバイト代で、学費以外のすべてのお金を賄いながら、
「ド貧乏」な学生生活を送ったわけです。

~つづく~




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑