最強の次世代ビジネスツールはこれだ

今日は、「口ベタ」のお話。
皆さんは、どのように感じられるでしょうか?
ではでは、早速。

===========================

第5章 最強の次世代ビジネスツールはこれだ
●世に生まれついての「口ベタ」なんかいない
人に教えを請う。
国語力のアップに限らず、マネから入って
徐々に自分なりのスタイルを築いていくというのは、
すべてに通用するやり方だと思います。
(略)
教えを請えば、その人はほぼ一○○パーセント、
「できるだけ本を読むようにしている」と答えます。
これはボクの確信だな。
生きるのに学歴なんか要らないけど、教養は要ります。
これもボクの確信です。
言葉というのは、まぎれもなく教養の発露だと思いますね。
学ばないことには身につきませんよ。
だから、私は話ベタで……と言う人がいますが、
あれはウソか言い訳だと思っています。
話の上手、下手は、口の動かし方の問題や、
持って生まれた性格のようでいて、実はそうではない。
(略)
そのほとんどが、単に思考不十分なだけだったり、
相手の気持ちを思いやれない自己中心的な性格の人が
自分に都合よくそんな言い訳をしているにすぎません。
(略)
いずれにしても、相手に対する思いやりのなさを口ベタと称してごまかしたり、
饒舌だけが話し上手だなどと勘違いしていてはダメです。
言葉は、その裏にあるあなたの思想なり哲学を、
何とか相手に伝えようと努力してつむぎだすものなんだ。
口ベタ、話ベタを直そうとしないのは、
単なるあなたの「怠慢」だとボクは思うんだな。

===========================

私はここ数年で千数百冊の本を読みまくってきました。
もちろん、現在進行形で、
私の周りには常に20冊近くの本が置いてあります。
著者同様に、私も人には必ず「教養」が必要だと思っており、
そして、自分にはその教養がまだまだ不十分だと感じていることもあって、
本当に幅広いジャンルの本を、貪るように読み続けているのです。

今日ご紹介した個所に書かれていた
「言葉というのは、まぎれもなく教養の発露」
「私は話ベタで……と言う人がいますが、 あれはウソか言い訳」
「話の上手、下手は、口の動かし方の問題や、
 持って生まれた性格のようでいて、実はそうではない」
「単に思考不十分なだけだったり、
 相手の気持ちを思いやれない自己中心的な性格の人が
 自分に都合よくそんな言い訳をしているにすぎません」
というところには、大変共感しました。

人と会話をすれば、たった2,3分でその人が何となくわかります。
それは、その人自身が醸し出している雰囲気のみならず、
「何を語るのか」が、その人自身を鮮明に表しているからに他なりません。
話の内容や言葉、そしてその言葉が適切なタイミングで使われているかなど、
様々な点から、その人の浅さ深さがこちら側にはわかってしまうものなのです。

「言葉は、その裏にあるあなたの思想なり哲学を、
 何とか相手に伝えようと努力してつむぎだすもの」
と書かれていましたが、本当にその通り。
自分の思想や哲学を培うためにも、やはり「読書」はとても大切です。




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑