お金の真理

メリー・クリスマス!
皆さん、素敵な時間をお過ごしでしょうか?

さて、今日からご紹介するのは、(今年最後の記事になるのは)
こちらの本です!

お金の真理


著者である斎藤一人さんは、
一時大ブームとなった「スリムドカン」を販売している銀座まるかんの創業者。
長者番付が公表されていた頃には、常連の方でしたよね。

現在でも資産家でいらっしゃる方ですが、たくさんの本も書いておられます。
今日からは、こちらの本から印象的だった個所を。

===============================

第1の法則 お金は“知恵”と“忍耐”を学ぶためにある
○「知恵と忍耐」を学べば魂は向上する
(略)
どうすれば魂を向上させることができると思いますか?
それは「知恵と忍耐」を学ぶことです。

人が生まれると、そこには誰にでも「試練と困難」が用意されています。
そして、その人の人生にとって、ちょうどいい時期に、
「試練と困難」が現れるようなしくみになっているのです。

「試練と困難」が出てくると、それを解決するために、
人間は「知恵と忍耐」が必要になります。
つまり、そこでどうやって解決すればいいかという
「知恵と忍耐」を学びながら、魂を向上させるわけです。
だから、どんな人にも「試練と困難」は現れます。
これは“決まり”なんですね。

命って「“人”は“一”度は“叩”かれる」と書きます。
人は生きていれば必ず試練や困難といった、
叩かれるような出来事が起こることになっていて、
そのときにどんな心構えでいられるかがとても大切なんだよね。
(略)


○あなたは魅力的な投資先ですか?
投資の話をすると「一人さんはどんな株を買うんですか?」って聞かれるんだけど、
私は今まで一度も株を買ったことがありません。
私は、よその会社に投資するんじゃなく、自分に投資しています。
わたし自身が一番、安全で有利で確実な投資先だと思っているんです。
(略)

===============================

人は、「試練と困難」を自力で乗り越えてこそ、人間的な成長を得られます。
私自身、何度もこのような辛いところを通って、今があります。
「『知恵と忍耐』を学びながら、魂を向上させる」と書かれていましたが、
本当に、その通りだと思います。
この世は、不条理なことだらけですからね~。

「命って『“人”は“一”度は“叩”かれる』と書きます」と指摘されていましたが、
この一文、なるほどな~って思わされました。
まあ私の場合、一度どころではありませんでしたけどね。(笑)
日本は「出る杭は打たれる」文化なので、目立ったり頑張ったりすると、
みんなから寄ってたかって「叩かれる」のは、日常茶飯事ですもんね。

さて、最後の段落。ちょっと、驚きでしたよね。
資産家の方って、大抵は投資をしておられるのかと思っていたら、
株を一度も買われたことがないなんて…。私と一緒だ。(笑)
私も、「安全で有利で確実な投資先」は自分自身だと思っています。
他人に投資する場合、その人がどうするかによって、こちらも左右されますが、
自分自身に投資するなら、自分が頑張ればいいだけのこと。
最も確実な投資先は、自分なんです。

次回以降も、こちらの本から印象に残ったところをご紹介します。




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑