比べあい地獄

ご紹介している香山リカさんの本ですが、
今日で最終回となります。
なかなか、興味深い内容だったでしょ?

それでは、今日の所を…。

===============================

終章 比べあい地獄にハマらない法則
(略)
①「自分にないものは実際以上によく見える」の法則
結婚していない人は、「結婚したいなあ」と思い、
すでに結婚している友だちを見て「いいなあ」と思うかもしれません。
それは、比べあいというよりは、ごくふつうの気持ちです。
(略)
あの友だちは、私が味わっているような仕事の苦労とはまったく縁もなく、
毎日、ハッピーに暮らしているのではないか。
夫というのはすべてを受け入れ、愛してくれる存在で、たとえ仕事でミスしても、
「キミが悪いんじゃないよ。そんなにつらいならやめて家にいればいい」と
やさしく抱きしめてくれるのではないか…。
(略)
冷静に考えると、「ハッピー100%の結婚」なんてないことは、すぐにわかるはず。
結婚すれば家事や夫の実家とのつき合いなどやらなければならないことも増えるし、
夫が自分を理解して支えてくれるとも限りません。
「夫がストレス」といった内容の本も定期的に出版され、
かなりの評判になっていることを見ても、
結婚に後悔している女性が大勢いるのは明らか。
(略)

②「比べあう相手は心の中もハッピーだと思う」の法則
これも比べあいではほとんど必ず、起きることです。
診察室で友だちや同僚と自分を比べて、
「あっちはすごいんです」とか「何をやってもうまくいくんです」などと言う人は、
その相手の表面しか見ていない。
本当はその人も苦労していたり悩んでいたりするかもしれない、
と言うことをまったく忘れているのです。
(略)
だから、あなたが「うらやましい」と思う相手も、
本当は悩み苦しみ、傷ついて部屋でひとりで泣いているかもしれません。
もちろん、そうではなくて心の中もハッピーな場合もあるでしょうが、
そうかどうかは、どんなに仲良しでも外からはわからないのです。
診察室には、年収1億なのに不幸のドン底にいる人、
セレブと結婚しているのに心がズタズタに傷ついている人もたまに来ます。
そして、その人たちの本当の気持ちは、外からはまったくわかりません。
(略)

===============================

この本をご紹介したのは、他人と比べることの愚かさに気付いて頂きたかったから。
ご自身もおそらく同じだと思うのですが、誰しも家の外では、
特に男同士・女同士のつきあいのうえでは、いくら仲良しだったとしても、
自分が不幸だということを相手に悟られないように「幸せを演じる」のは普通です。
にもかかわらず、「相手の表面」だけを見て、自分が不幸だと思いこみ、
「その人たちの本当の気持ちは、外からはまったくわか」らないのに、
自分が勝手に「あの人は幸せだ」と決めつけて自分を不幸に仕立て上げてしまう。
なんて、愚かな行為でしょう。

結婚したって、幸せになんてなれません。
お互いが死ぬまで努力をし続けるという「誓約」を交わすことが、結婚なのです。
にもかかわらず、その努力を一方が、あるいはお互いに放棄してしまうから、
不幸になってしまい、周りが幸せそうに見えるという勘違いを起こすのです。
比べあい地獄にはまらないよう、気を付けて生きていくのが肝心です。



          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑