老後資産5000万円

さて、今日はこちらの本をご紹介します。

老後に5000万円が残るお金の話 - 「人生の3大無駄遣い」をやめるだけ! -


気になるタイトルですよね?
この本の中から、今回は「車」についてのお話しをご紹介します。

==================================

●「人生の3台無駄遣い」+α マイカー

◇なぜマイカー保有は無駄なのか?
地方では交通が不便ですから、
マイカーが家族の生活を支える必需品になっているというケースも多いでしょう。
しかし、そうしたやむを得ない事情の場合を別にして、
交通網の発達した大都市圏において、
マイカー保有は無駄といわざるを得ないものです。

実際、近年の若者の「クルマ離れ」は、実収入の乏しさもさることながら、
合理的思考からの当然の帰結としての現象であるようにも窺えます。
レンタカーやシェアリングを利用したほうが、環境にも優しくスマートだからです。
クルマ保有がもたらす無駄な出費を抑えたほうが、
はるかに経済的合理性も高められるからに他ならないでしょう。
(略)

◇13年間で税負担額はクルマ本体価格の1.26倍!
マイカー保有が、どれぐらいの無駄遣いになるかは、
保有している人でも案外、無頓着だったりするものです。
クルマの購入費、ガソリン代、駐車場代、保険料、
マイカーの毎月のローン返済額といった程度でしか、
金額を把握できていなかったりするからです。

実は、マイカー保有の重大な問題点のひとつは、
税金の過重な支払いにあるのです。

180ccで車両本体価格180万円(税抜き)のクルマを購入した場合の、
初年度の税負担と税に準ずるコストの合計額は41万3220円で、
車両本体価格の22.95%になります。
13年間保有した場合には、何と227万8620円の税と税に準ずるコストの負担となり、
車両本体価格の126.6%(1.26倍)にもなるのです。
これらは、日本自動車工業会(JAMA)が算出し、HPに載せている数値です。
あくまで13年間保有した場合なのですが、
車両本体価格を上回る額の税金を払う羽目にもなるわけです。
(略)

◇13年間で1000万円の大きな無駄遣いに!
日本自動車工業会が、HPに掲載している「税負担額」
および「税に準ずるコスト」の13年間の内訳を見ておきましょう。
カッコ内は購入1年目の金額です。
消費税(車両)…14万4000円(同)
自動車取得税…4万8600円(同)
自動車重量税…15万9900円(3万6900円)
自動車税…51万3500円(3万9500円)
揮発油税…63万1800円(4万8600円・注/年間ガソリン消費量1000リットル)
地方揮発油税…6万7600円(5200円・注/年間ガソリン消費量1000リットル)
消費税(ガソリン代)…13万5200円(1万400円・注/年間ガソリン消費量1000リットル)
有料道路料金…38万8700円(2万9900円)
自賠責保険…17万8320円(3万9120円)
リサイクル料金…1万1000円(同)

合計で227万8620円(41万3220円)になります。
(略)
これに、車両本体価格、正味のガソリン代(税抜き)を加えると519万円にもなります。
さらに駐車場代(月額3万円~5万円)を加えたら、
13年間で987万円~1299万円にまで膨れ上がります。
しかも、これには、車検代、整備費、消耗品費、任意保険料、
ローン金利などは含まれていません。膨大にお金がかかります。

==================================

人生の三大支出といわれてきたものは、「老後資金」「教育資金」「住宅資金」。
これに、「「マイカー関連費用」と「保険関連費用」を含めると、五大支出となります。

今日ご紹介した「マイカー関連費用」は、なぜか13年間での数字でしたが、
こちらのサイトでは、一生涯(約50年)マイカーを保有した場合、約4000万円!
マイカーを持たない場合は、1800万円で済むとの試算が出ています。
その差、2000万円以上!

「節約」というと、食費などのちまちました節約をイメージする方が多いのですが、
住宅、保険、車、通信費(携帯電話など)を見直すことによって、
ビックリするほど大きな金額の節約に結びつくことも多いのです。
ついつい、「毎月の維持費(支出)」しか把握しないかもしれませんが、
それを12倍(1年間)、さらに○○倍(予想される余命)したとき、
一体私たちは、一生涯でいくら使うことになるのか計算できます。

お金を持っているだけでは、幸せにはなれませんが、
そのお金の使い方によっては、幸せにも不幸にもなれるのです。
価値観は人それぞれですが、「なんとなく」「みんなもそうだから」といった
安易な理由や世間の常識に流されることなく、
しっかりと人生設計を行い、上手にお金を使われることをお勧めします。




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑