情報は両方の意見を取り入れること

現在、ご紹介中なのが、こちらの本。

悩まない---あるがままで今を生きる


ためになることが、本当にたくさん書かれているのですが、
今日は、前回ご紹介した個所を受けての内容です。

==============================

○情報は両方の意見を取り入れること
話半分に聞くというほかに大切なのは、
「両方の意見を取り入れる」というスタンスです。
ともすれば偏りがちな情報収集ですが、
そこをあえて対極の二情報を取る、というわけです。
インテリジェンス(諜報)の世界では、この手法が当たり前のように使われます。
複数の情報を取る際、あるテーマに対してイエスと言っているものと
ノーと言っているものを必ず入れる、
つまりそこに考え方や価値観のバイアスをかけない、
収集した情報は時間をかけながら納得のいくところで判断するという手法です。
時間が経てば情報の「質」が変化する、という事実も忘れてはなりません。
情報の質が変化するというのは、その情報に対する信頼度が
上がったり下がったりする、ということです。
一年前は誰も信じなかったものでも、今現在は大勢に信じられている、
逆に信じていたものが何らかの出来事によって信じられなくなる、
ということはよくあります。
それは、時間の経過とともにそのテーマを取り巻く材料が増えることで、
情報をチェックする制度(確度)が上がるからです。
(略)
逆に、ある情報が時間をかけて刷り込まれると、
それは動かしがたい常識となります。
歴史を、当時の時代背景を無視して、
意図的に現代の観念でとらえて印象操作したり、
事実の一部のみを強調したりして史実を歪ませるのは常のことです。
そういう情報をチェックしようとせず、ある方向から
一方的に情報を流すマスメディアにはいくつかの問題があります。
新聞やテレビなどのマスメディアが報道しているからといって、
その情報をそのまま受け取るのは大きな誤りです。
そもそもマスメディアは、営利目的の企業だという事実を忘れがちです。
社会主義や国民目線など心にしみるような美辞麗句を
マスメディアは並べますが、第二次世界大戦の際にすべての新聞社が
戦争を煽った事実は記憶に残さないといけませんし、
広告やスポンサーの多くの圧力団体の意向には逆らわない、
むしろその意向で読者や視聴者を先導しようとすることが多い
「マスメディアの構造」を頭におきつつ、一つひとつの情報を精査すべきなのです。
これがメディアリテラシー(情報活用能力)の本質です。
その情報が本当に自分にとって有益な情報なのか、
そこに気持ちの悪さや居心地の悪さを感じたりはしないか、
他人事ではなく自分事として感じながら複数の情報をチェックすることが大切です。
日本は欧米と比べてこの部分が遅れており、今後の強化課題です。

==============================

人を疑うのは、良くないことだ
…って、私たちはどこかに刷り込まれているような気がします。
「だってあいつは、高校時代の同級生だもん。
 自分のことを正当化するために、奥さんを悪者に仕立て上げる作り話を語るはずは…」
「あの人はとっても誠実(そうに見える)だから、嘘をつくはずがない」
なんて、自分で勝手にバイアスをかけて、人を見てしまう傾向がありますよね。
でも、本当にそうでしょうか? 自分の目は、それほど確かなのでしょうか?

マスコミに限らず、自分の友人・知人だって、嘘をつかない保証はありません。
Wikipediaによると、メディアリテラシーとは、
「世の中にある数え切れないほどの沢山の情報メディアを主体的に読み解いて
 必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと」
と、書かれています。
マスコミはもちろん、私が書いているこのブログの他、
今では当たり前のtwitterやfacebookなどのSNSも、「メディア」の1種です。
情報を入手した側が、果たしてその情報は信頼に足るものなのかどうか、
その判断が出来るだけの「知」を持っていなければなりません。

「考え方や価値観のバイアスをかけない」
「時間が経てば情報の『質』が変化する」
「マスメディアは、営利目的の企業だという事実」
これらは、情報を得る際に、忘れてはならないことですね。




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑