本能って、スゴイ…

皆さんは、「トランス脂肪酸」ってご存知でしょうか?
各国で次々と使用禁止になっている「狂った油」ともいわれるもの。
アメリカでも、2018年以降、原則禁止になりました。
ところが、日本では規制の対象にもなっていないのが現状です。

農水省のHPには、
「トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、
 むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています。
 具体的には、トランス脂肪酸をとる量が多いと、
 血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、
 一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が
 減ることが報告されています。
 日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して
 心臓病のリスクを高めることが示されています」
と書かれています。

では、このトランス脂肪酸って、何に含まれているのかといいますと、
代表としては、マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドといったところ。
他にも、サラダ油やマヨネーズなんかもありますね。
もちろん、これらを使用しているパンやスナック菓子、ケーキ、ドーナツなど、
あらゆるところに入り込んでいて、自然と口にしてしまっているものです。

様々な病気のリスクを高めるこのトランス脂肪酸を避けたいところですが、
どうやって注意すればいいのか?気になりますよね。
まず、お菓子やレトルト食品など、加工食品を購入する際には、
材料欄に「マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、植物性油脂、
植物油、植物油脂、加工油脂、パーム油」の表示がないかどうか確かめる。
(正直、大抵はこれらの油が使われているので、避け難いのが実情)
料理用の油の場合、「低温圧搾搾り」「圧搾搾り」「コールドプレス」の表示が
あるものを買うのが安全だということです。

私は子どもの頃から、マーガリンは嫌いでほとんど食べてこなかったですし、
おかずでも、揚げ物はあまり得意ではありませんでした。
ほんのたまに、コロッケや天ぷらを食べるくらいで、唐揚げも好みではありません。

子どもの頃から好きなのは、
ピーマン、ホウレンソウ、ニンジン、キュウリ、レタスなどの野菜。
肉も魚もあまり好きではなく、無理やり食べさせられていたように思います。(笑)
子どもの頃苦手だったのに、今では好きになった食べ物は、「豆腐」と「納豆」。
今はほぼ毎日、納豆1パック食べるようになりました。

そうそう、私は食パンを食べるとき、ジャムがあればジャムだけで食べるのですが、
うちの主人は「マーガリンと一緒にジャムを付けないと美味しくない!」と、
いつもマーガリンもぬって食べていました。
私は、マーガリンとジャムの組み合わせは気持ち悪いことこのうえないので、
やったことはありませんが。
ということで、幸い私は夫に比べるとトランス脂肪酸を食べてきた総量は、
圧倒的に少ないだろうと思います。
菓子パンやクッキー、ケーキなどはもちろん食べてきましたが、
私にとっては「贅沢品」でしたので、そんなにたくさんも食べていません。
子どもの頃から、私は本能的に、身体に悪いものを避けてきたのかな~?と、
この年になって、自分の本能の凄さに感心しています。(笑)




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑