知識を知恵に変える

さて、先日からご紹介し始めたあちらの本、
みなさま、興味を持って読んで下さっておりますでしょうか?
今回は、最終回になります。

=======================

33 知識を知恵に変える勉強をする

一般的に言われていることですが、勉強量と年収は比例していくものなのです。
私はこれまで軽く1000万円以上を
自己投資(セミナー、スキルアップ、資格、教材や本)してきましたが、
まさに年収もそれに比例しました。
そしてほとんど自己投資していなかったときは、収入もカツカツでした。

ですが、勉強のための自己投資をしはじめて、
その得た知識が知恵に変わり、お金を得るアイデアや人脈に繋がり、
それをアウトプット(表現)するようになってから
その提供している情報そのものが、お金に変わっていったのです。

ある調査では、年収が2000万円以上の人で、
勉強の習慣がある人が78%、という結果があります。
高所得者の8割ほどの人々は、何らかの勉強の習慣を持っているのです。

勉強によって知識を取り入れても、知識は知恵にならない限り、
ただの本棚に飾ってある本と同じです。
その取り入れた知識を知恵に変えるためには、勉強の習慣化が必要なのです。
つまり、噛み砕いて、考えて、心に落して、
そして自分のものとし、生活の中で適用していく。
そして適用して成果を得て、教訓を引き出す。
ここまでしないと、知恵ではないです。

ですので、本でもセミナーでも、情報を取り入れた後の作業がものすごく大事です。
学んだことをもう一度頭のなかで繰り返して、
潜在意識の奥底に落とし込む作業が大事で、それは定期的にやる必要があります。

世界的に見てお金持ちが多い民族であり、
ノーベル賞が一番多く出ている民族ユダヤ人が
一番お金をかけているのは何かというと、「自分への教育」です。

それは、自分のなかに残った学びは誰にも奪われることはないからです。
そして、彼らには昔からそれをお金に替える知恵もありました。
とても賢い民族なのです。

さて、あなたも自分が好きな分野をもっともっと深めるために、
勉強の習慣を持ってみるのはいかがでしょうか? 
それが好きであるならば、お金を稼ぐ、ということにも、職業にも結びついてきますので、
ますます収入にも繋がっていきます。まずは、好きなことに自己投資してください。

=======================

私はこれまで、必要最低限のお金しか、自己投資に使っていなかったかもしれません。
しかし、今の私はちとちがう。(笑)
取りたい資格がたくさんあって、思い切って大金を払って、
その資格を取ろうと目論んでいるのです。フフッ…。

所有物って、火事に遭ったり、盗難に遭ったり、災害に遭ったりすれば、
一瞬で無くなってしまうものじゃないですか。
でも、自分自身が「価値のあるもの」であれば、
失った所有物は、また新たな形で手に入れることが可能なわけです。
一番賢くて安全な投資先は、「自分」なわけです。

私も近年、物凄い勢いで、あるジャンルに関する勉強を進めています。
もう少し経てば、きっと形のあるものにできると確信を持てるところまで来ました。
みなさんも、「モノを所有するためにお金を稼ぐ」「モノのためにお金を使う」のではなく、
より自分自身を高めるために、お金も時間も使ってみるのは如何でしょう?
今の自分よりも、ワンランク上の自分に出会うことが出来ると思いますよ♪




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑