諦める力

私はこのブログでご報告していないのですが、
昨年の秋頃から、様々なテーマのセミナーに結構参加しています。
残念ながら、素敵な男性との出会いはないのですが、(笑)
素敵な女性とはたくさん知り合いになり、刺激も受けました。

さて、今日からまた新しい本をご紹介したいと思います。
それは、こちら。

小さな「悟り」を積み重ねる (集英社新書)


著者は、スリランカ出身の僧侶、アルボムッレ・スマナサーラ氏。
なかなか良いことが書いてありましたので、ご紹介しましょう。

===============================

○「諦める力」が幸福をもたらす

みなさんが諦めることに抵抗があるのは、
何よりも諦めは「負け」という気持ちが強いからではないでしょうか。
「諦めるな、頑張れ」という精神が世間では美徳とされているので、
どうしても諦めてしまうことは敗北者のイメージなのです。
でも、その考え方は根本からあらためたほうがいいと思います。
諦めることのほうが、よほど勇気もいるし、ポジティブなことです。
(略)
仕事や生活の場面で、目標なり金銭なりさまざまなことを諦めきれず
しがみついて頑張り続ける人がいます。
それだって諦めないという執念においては、
ストーカー行為に似たことをやっているのです。
みなさんは、仕事や家族や窮屈な信念に執着して、
ある種のストーカーになっていることに気づいていないのです。
(略)
先に言ったように、仏教では「諦める」は大事な言葉です。
「諦める訓練を究極まで積んで人は解脱する」と教えられています。
「諦める」ことはネガティブでも何でもありません。
それどころか、精神を豊かにするひじょうに前向きな態度なのです。
諦めるということを、決してマイナスにとらえてはいけないのです。

===============================

「諦めることのほうが、よほど勇気もいるし、ポジティブなこと」
なるほど、確かに。その通りだと思います。

「仕事や家族や窮屈な信念に執着して、
 ある種のストーカーになっていることに気づいていない」
これもまた、確かに言えることでしょう。
何かに執着していることに、自分自身が気づいていないことってありますよね。

「『諦める』ことはネガティブでも何でもありません。
 それどころか、精神を豊かにするひじょうに前向きな態度」
というのも、確かにその通りだと思います。
何かに固執し続けていたって、状況は変わらない。
そのことが分かっているのに、執着をやめられない。
そんな人って、結構多いのではないでしょうか?
状況も相手も変わらないのだということを受け入れ、
「諦める」ことが出来れば、自分が解放されます。
精神がとても豊かになります。
これは、私が実感したことなので、断言できます。
勇気を持って「諦めること」も、とても大切なことです。




          ★他にも、節約ブログがたくさん見付かりますよ★  
             
          ↑こちらの2つのバナーを、クリックして下さいね!↑